6Q
今日は6QというUP Linkで開催されたイベントをダイキさんにお誘いいただいて見学してきました。
部分的にフォローできていないとは思うのですが、個人的には特に論文が面白かった。

ダイキさん。法規制等の制約によって無意識に作られた都市を「形式的な情報(意識的な知識)」まで引っ張り上げて表現しようという試みは自分の興味とも通じる部分があり、大変興味深かった。

林。フラーの表層的な受容という捉え方は似てればOKなのか?何を似ているとするのか?というゲストの方からの意見もありましたが、「表層的受容が多様性を生み出した」という点では「何になるか」という視点では最も可能性を感じた発表。

服部。PPTのプレゼンも、しゃべりも分かりやすい。妹島和世という取っつきやすいテーマであることもあり、色々と共感して聞くことができた。知的好奇心をそそられた。


第二部ではゲストの方を交えたディスカッションだったのですが、僕は「何とも言えない閉塞感」を感じました。ゲストの先生の方からは「身体性の欠如」つまり、自己の存在を前面に出して語ったほうが良いんじゃないかという意見が出されていましたが、その視点はやはり作家さんの視点という気がしてならず、僕が感じた閉塞感の本質は「入り口もなければ、出口もない」という事への違和感でした。

つまり、論文あるいは制作が「建築のユーザーに求められている理由がどうあるのか」という位置づけの欠如と、その論文あるいは制作が更に展開していったとしたら「何が良くなるのか。そして、さらに言えば、建築のユーザーにどのような便益があるのか」という展望の欠如である。

第三部で佐々木新さんとお話させていただいていたときに「ロールモデルの欠如」「建築がどうなるか」というような言葉をおっしゃっていた。修士論文や修士制作レベルでそれは難しいと思うけれども、共感する部分は多々あって、僕の言い方をすると「技術のデスバレー」に飲み込まれる例を目の当たりにしているように思えて仕方がなかったというのがある。

e0126140_228624.gif
技術のデスバレー: 研究戦略、技術経営、プロジェクトマネジメント等において、研究開発が、次の段階に発展しない状況やその難関・障壁となっている事柄全般を指す用語である。具体的には、基礎研究が応用研究に、また、研究開発の結果が事業化に活かせない状況あるいはその難関・障壁を指す用語である(wikipediaより)

未来の建築を見せるのは難しすぎるけど、それによって設計者なら設計者として何がちょっとでも変わるのかという視点を提示して欲しいなと思った。どれも素晴らしいので、無い物ねだりかもしれないけど。

やはり「ほしいものが、ほしい」の時代は終わったのだと痛感した。「何が必要か」「何をすべきか」を言える人が求められている。。。
[PR]
# by machine1984 | 2010-02-24 02:28 | 建築
最後のモラトリアム
終わりよければ全て良しという訳で修論発表も終了し、これで7年間の学生生活で生徒としてやるべきことは全て終了した。
修論についてはさすがに今は書く気になれないけれども、しっかりと反芻せねば。
協力企業との契約のこともあり、詳細は載せられないけど。

4月までの最後もモラトリアム。
有意義に過ごさねば・・・。
既に2月は予定がぎっしりで(運転免許だけど・・・)
こりゃ徹夜がまたやってくるかも・・・。

・勉強会再開
The Art of Innovationではイノベーションをプロセス論の観点から学び、
デザイン・インスパイアード・イノベーションではネットワークの作り方、組織のあり方などを鑑み、
今回は利用者心理を心や脳の無意識レベルでの動きを捉えているという
「心脳マーケティング」(ジャラルド・ザルツマン著)
http://abscommunity.blog37.fc2.com/blog-entry-104.html
をスピーディにじっくりと読み込みます。
本の厚さに少々威圧されていますが、研究をしてみてやはり意識的に言葉にされてしまうような調査手法は客観的じゃないなぁと実感したこともあり、内容には興味津々。

・古民家改修
去年の終わり頃から、のっぴきならない事情があり、
とある地方の古民家の改修提案を行い始めた。
「70歳の原風景を取り戻すとはどういうことか」という25歳の自分には想像力が求められる難題だけれども、こちらはじっくり考えていこうと思う。


4月からは中々時間が取れなくなると思うけど、仕事にもそれ以外にも自分を高めていけるように最後のモラトリアム期間は助走をしておこう。
いきなり走ると怪我するからね。

と言いつつも、卒業旅行に行きたくて仕方がない。
東南アジアか南アメリカかだな。
[PR]
# by machine1984 | 2010-02-17 22:44 | 妄想
雑記 
少しブログを書く癖を再開しようと思っている今日この頃。
しかし、修論提出まで既に残り3週間を切っている。

共創の為の空間構成に関する基礎的研究
ー 建築設計組織のオフィスの作られ方と使われ方について ー

というタイトルで書いています。
分野としては「ワークプレイス」という研究分野の中に位置して、オフィスの観察調査・分析をもとに空間の設え方などについて提案をしたりしています。
詳しい内容に関しては今は、書いている時間もないのでまた機会を改めて内容については紹介することにします。

11月は体調不良から気分も悪い時期が続いていて、とある修論発表会のお誘いを断ってしまったのが今となっては残念ですが、自分が一年間興味を持ってやってきたことが色々と構造化できている気がします。
3年目にしてやっと「サービスプロバイダー」というこの時代に建築に携わる人が考えなければいけないテーマに対して知見から理解に変わったと言えると思います。

年々「間に合わない病」が激しさを増しているので、少しは時間に余裕を持って終わらせる計画を立てないと・・・。
[PR]
# by machine1984 | 2010-01-13 00:08 | 建築
ないものをつくれ
「ないものをつくれ」これはHONDAのスローガンだけれども、凄く魅力的なことばに聞こえる。
何かのコピーではなく、今、ないものをつくればそこには明るい未来が待っているということだ。

しかし、これは決して、「0からつくれ」と言っているわけではない。
社内にあるリソースを、自分の中にあるリソースを生かして、積み重ねて行く
千里の道も一歩から、今まで出来なかったものが何もせずに明日出来るようになるわけではない。
一歩一歩進んでいたら気がついたときに「ないものができている」のである。

それはそれで、もうずいぶん前のことだけれども、東京モーターショーでやっていたHONDAの映像です。
僕にはこれがとてもクリエーティブに映る。

さて、もちろんのこと最近は修論にてんてこ舞いですが、こんなに自由に自分のやりたいことをやれる時間がもう来なくなってしまうのはとても寂しい。
昼くらいに研究室も行けるし、自由な時間に帰れるし。昼から映画だって見に行けるし。図書館行ったっきり帰ってこなくてもいいし。しかし、責任が全部自分に返ってくるのは恐ろしい。
しかし、成果も成長も全部自分のものなのは本当に心地よい。

さて、色々とあることはわかりきっている2010年。「ないものをつくれ」の精神で頑張ろう。


[PR]
# by machine1984 | 2010-01-04 20:30 | 日常
アラサー第一歩
僕もついに25歳になってしまった。
世の中いつの間にこんな言葉が出来てしまったのか分からないけれども、四捨五入すればもう30ということでアラサーの仲間入りをしたと言えるのでしょう。

最近、自我がやっと定まってきたのか、自分ブランディングがなされてきたのか、幾らミーティングでけちょんけちょんに言われて凹みに凹んでも、帰りの電車では既に前向きに新たなアイデアを考えている自分がちょっと恐い今日この頃ですが、学生生活も残り半年となりました。

残り半年の目標

1,勉強会編
前期から継続しているデザイン論勉強会。
早朝に眠い目を擦って集合するのは大変だけれども、これは本当に色々と為になる。
現在は主にプロダクトデザインがどのようにイノベーションを生み出しているのかについて勉強しながら、自分たちなりにあーだこーだと構造化を試みているのですが、この勉強会を始めてから、建築家を初め倒したデザイナーの話がどういう事なのかを捉えられるようになってきたし、自分が現状で何に悩んでいるのかについて意識的になれてきた。

2,実践編
勉強会での話を実践する意味も込めつつ、僕がなりたいデザイナー(?)像を考えつつテラ研での活動をしています。
バイトが嫌なら自分で仕事しろ!
という話ですが、現状ではとても為になるし、条件的にも恵まれているのでテンション高めの活動です。

3,論文・自己研鑽編
前期の半年は出来る限り研究室のプロジェクトに参加するというテーマを自分に掲げていた。
色々な知識も増えたし、論文もまとめて発表できたし、一応満足はしているけれども、さすがに後期は修士論文に集中しなくては・・・。
9月に入り漸くお尻に火がついてきたけど、自分の興味の海で完全に遭難しています。。。
いかに自分ができない人間なのかを思い知らされている論文編。
うーむ、頑張ろう。

というわけでこの辺りを半年間続けていこうと思います。
という所信表明。

最近文章が雑だ。
[PR]
# by machine1984 | 2009-09-24 23:53 | 妄想
ニッチ・王道議論
「ビジネスや提案はニッチでも良いかもしれないが、研究は王道でなければならない。」
悩ましく解決しがたい問題。

俺がやらなくても誰かやるよなと思ってしまい、「誰が見ても正しそうな問題設定」というのを今まで避け、如何に面白いアイデアを出すかというようなやり方をしてきたら、当たり前の事が当たり前にできなくなっているという事を自覚した、ここ数ヶ月。

失敗して失敗して頭を働かせるのが僕の常なので、良い経験だなぁと思って毎日過ごしていますが、「まともな問題設定をまともに立てられない」「当たり前のことが当たり前に出来ない」という問題に直面しています。
でも、実際にはこういった当たり前の事の射程はとても長いはずなのです。
きっと。

結構、どんな内容でも論文って書けそうだなぁと思いつつも、ニッチ・王道議論が僕の脳裏を離れず、そして、「根底の問題意識は何か、持論のある論文を書きなさい」という助手の方のお告げや、「将来の自分を想像して、そこに繋がるような論文を書きなさい」という研究員の方のお告げや、「結局は本当に興味のあることしか頑張れない」という甘ちゃんな自分と戦っている今日この頃。

まだまだ先は長い・・・。

「当たり前の事を深く深く突き詰めていくと、思ったよりも遠くに行けるのだ」という神のお告げを信じて頑張ろう。
[PR]
# by machine1984 | 2009-09-18 00:46 | 建築



渡辺典文 / Norifumi Watanabe The University of Tokyo Graduate School of Engineer Architectural Department Master Course
by machine1984
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31