ないものをつくれ
「ないものをつくれ」これはHONDAのスローガンだけれども、凄く魅力的なことばに聞こえる。
何かのコピーではなく、今、ないものをつくればそこには明るい未来が待っているということだ。

しかし、これは決して、「0からつくれ」と言っているわけではない。
社内にあるリソースを、自分の中にあるリソースを生かして、積み重ねて行く
千里の道も一歩から、今まで出来なかったものが何もせずに明日出来るようになるわけではない。
一歩一歩進んでいたら気がついたときに「ないものができている」のである。

それはそれで、もうずいぶん前のことだけれども、東京モーターショーでやっていたHONDAの映像です。
僕にはこれがとてもクリエーティブに映る。

さて、もちろんのこと最近は修論にてんてこ舞いですが、こんなに自由に自分のやりたいことをやれる時間がもう来なくなってしまうのはとても寂しい。
昼くらいに研究室も行けるし、自由な時間に帰れるし。昼から映画だって見に行けるし。図書館行ったっきり帰ってこなくてもいいし。しかし、責任が全部自分に返ってくるのは恐ろしい。
しかし、成果も成長も全部自分のものなのは本当に心地よい。

さて、色々とあることはわかりきっている2010年。「ないものをつくれ」の精神で頑張ろう。


[PR]
by machine1984 | 2010-01-04 20:30 | 日常
<< 雑記  アラサー第一歩 >>



渡辺典文 / Norifumi Watanabe The University of Tokyo Graduate School of Engineer Architectural Department Master Course
by machine1984
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31