人気ブログランキング |
情報発信はしてみるモノ。
自分のメモ書きだけではないブログを書いていると思わぬ所で、誰かのアンテナに引っかかるもので、ひょんな事から、中村拓志さんの講演会に行くことができた。
40人しかいない中で5人が知り合いと、世界は狭い(or 僕の顔が広い?)もので思わぬ所で楽しい団らんにもなった。

所謂、設計畑にいる人達にはどう映っているのかわからないけど、彼のような設計者の在り方はやはり面白いなと思った。
建築家像としては新しいと思う。
ただ、彼のような建築家がいなかったわけではないと思う。
本人のセンスがかなり繊細なラインを上手く突いていると思う。建築をモノとしてどうデザインするかという場面ではやっぱり隈さんの影響を受けているなぁと端々に感じるところがあるけれど、出来上がっているモノと話が一致していて面白い。

建築家はインテリア空間をもっと考えるようにならないとダメだとか、テクスチャー(や装飾)を探っていくことに可能性があるのではないだろうか?
というような話は概ね、どこかの本で読んだことがあるような内容だったけど、(司会が建築の人ではなかった為かもしれないけど)何より為になったのが話し方だ。
話し方が抜群に上手い。
特に「例え話」と「逆に肯定的に考える」ことがうまい。
最初は難しいなと思うような話でもわかりやすい例え話で、誰にでも分かる次元まで引き下げてくれている。
これはやはり意識的に身につけたモノなのだろうな。

あー、眠い。
今日は朝から走りっぱなしだったけど、楽しい一日だった。。。
明日も大変な一日になりそうだなぁ。。。
by machine1984 | 2009-04-03 01:21 | 建築
<< Sakura 休日の過ごし方 >>



渡辺典文 / Norifumi Watanabe The University of Tokyo Graduate School of Engineer Architectural Department Master Course
by machine1984
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31