人気ブログランキング |
<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
To Vienna, Brno, Prague
e0126140_5331688.jpg
I enjoyed last week in Scotland, although it was quite cold.
Thank you for your kindness, Ross!!

Then, I am going to visit Vienna, Brno, Prague this week.
I will meet Pavel, who is one of my ex-colleagues.

I will be in the Netherlands this weekend.
by machine1984 | 2008-11-24 05:35 | 非日常
To Scotland
These days, there are some stressful issues which I could not handle.
Therefore, I have a little problem about my health.

Problem of my health almost always means my stomach.....

By the way,

I am going to Scotland this week.
I am looking forward to meeting Ross, who is my ex-roommate.
I will be back this weekend.
by machine1984 | 2008-11-16 20:31 | 日常
王様の耳はロバの耳。
デルフトでプロジェクトを二つやり終わって、シーボルト会のプレゼンでボコされて、元からあった焦りが顕在化してきた。
別に怠惰に暮らしていた訳ではないけれども、半年前の東工大の先輩に比べ自分のやったことのレベルが明らかに低い。
中川さんが今現在でも日本でプレゼンをやっているということはそれだけ意義があったという事の証だなと正直羨ましい。

さて、前回のプレゼンで伝わらなかったのは、根本的に自分の頭の中がクリアではなかったのだと思った。
シリアのプロジェクトは時間の関係もあって煮詰まらなかったというのもある。
ただこれは置いておく(そもそも提案の過程を重視していないし、日本じゃ絶対参加できないなど利点も沢山あるし)

でも不幸中の幸いとしては
単にプロジェクトの紹介とその中で自分が特に印象的だったことなどを語ろうとした訳ではなくて(シリア自体はプロジェクトに関しては非公開部分も含めブログを更新していたので、他のことをやった方が良いと思った。)、そのプロジェクトを自分のモノとして消化しようとした(過去の作品も含め一つのストーリーを作ろうとした)という点では、将来性のある失敗の仕方ではあったのかなとも思う。(プロジェクトの中で自分がクリアではない部分など少しは分かった。)
ただ、観客のみなさんには訳分からないプレゼンで、本当に申し訳なかったけど。

というわけで反省と反芻の意味も込めて、以下。

これは最近になってクリアになってきたのだけど、建築に関連して自分の中で平行する興味が大きく二つある。
一つは
・ 都市を自分らしく認識すること
もう一つは
・ テクノロジーを建築・都市はどのように利用することができるか
ということ。
後の方は、デルフトに来て生まれてきた後進の興味で、情報系の研究とかを日本では学んでみたい。一応、「生産技術研究所」ですからね。
(研究室の都合によってしまうのはとても残念だけど。先生にも相談してみよう。)

現時点までのメインの興味は「都市を自分らしく認識して、そこから理由を持って提案をする」ということ。(提案は所謂建築デザインじゃなくても良い。)
この辺はもう2年くらい一貫している。
過去を振り返ってみると

・ 三年生後期の設計課題
・ 卒論
・ 卒業設計
・ Innovation ManagementでのHotelの提案
・ TU DelftでのMediatheque Project
・ TU DelftでのAleppo Project

プロジェクトによって調査の段階のより重きがあるもの、提案の段階により重きがあるものもあるが、これだけ例示できれば、興味があると言って良いだろう。
例えば、前期はかなり設計をガチッとやったので、後期はリサーチをしたかった等。

そもそも野城研に来たのも東日本橋のプロジェクト
(http://forum.inax.co.jp/renovation/archives/033nihonbashi/033-summary.html)
に対して、都市の空洞化しているオフィスビルに目を付けて、それを住宅にリノベーションしてしまう。しかもそれを不動産ではなくて動産として捉えているなんて面白すぎる。
と感動したのが理由。
つまり、「都市の問題点に目をつける」→「使い方を考える」→「デザインではなくプログラムの提案をする」→「それが、街の風景を変えていく」という流れがとてもクリアで新鮮で現実的でかっこ良く見えた。

今回は今の自分の話なので、それは置いておいて、自分が何が面白いかと思っているかというと「都市を自分らしく認識して、そこから理由を持って提案をする」という行為。
わかりやすい例で言うと、安藤忠雄の「ここに敷地があって、こんなイメージがあるからこんなのデザインしました」というヒロイックな建築家ではない建築家像。
中でも面白いと思っていたのは「都市を自分らしく認識できた瞬間」、それができれば自ずと提案はついてくると思う。

プログラムにしても具体的な建築の設計にしてもどこかに提案者のエゴは入ってきてしまうものだと思うけど、できる限りLogicalに提案したいというのが僕の考え。
建築設計で言えば、
「形を恣意的に決めるのはダメだけど、都市の見方は恣意的であるべき」
という事だろうか。
巨匠スケッチがそのまま建ってしまうなんて、逆に寂しくなってくる。
これと対比してプレゼンすれば、わかりやすかったのだろう。

社会的な理由とかじゃなくて、これは内発的な欲求。

ただ、東大には所謂「都市のリサーチ」ができる場所がないので、そろそろこれを考えるのも潮時かなと思っている。環境に見合ったことをやらないのはやはり無駄がとても多い。
これをやっていて思うことは、幾ら自分が「都市のリサーチとか都市の見方」とかを強調しても結局、批評する側はできたものしか見てくれない。
特に一般の人に向けてプレゼンしてもこれが比較しないと(例えば安藤忠雄のスケッチとかとの比較)これが伝わるはずがない。
これを仕事にできる場所が思いつかないのだけど、やはり「都市に対する見方が提案に直結する」となるとやっぱり屋外広告、都市を使ったイベントの企画、あるいは不動産が面白いのではないかと思っている。
(他にこういう興味を継続できる仕事ってないのかな…。かなり切実。)
(何か自分の興味って東工大っぽいのかな。)
(専門以外にもどういった人間になりたいかとかもあるし。)

要するにこの辺は、スター建築家になることを夢見ても虚しいと思った自分がどうオリジナリティを持つかという事に対する願望なのかもしれない。

今回はここまでにして、少し寝かせて考えます。
後は、今後の興味なども書いていこう。
今までの興味と後進の興味は果たしてリンクするのかという所が自分でも謎。
(直接的なリンクがないとダメという事ではないのだけど。)
by machine1984 | 2008-11-15 05:52 | 妄想
有惑の最後。
e0126140_21151896.jpg

Today, I am going to write in Japanese.
Because I am going to think about my presentation skill in terms of speaking in Japanese.

I am a little bit depressed with my last presentation on Sunday in Leiden, because it became clear that I did not understand some parts of the project well.
I had never felt that I was poor at presentations (of course not good at all), but it was definitely worst in terms of discussion....

Then I will switch.

という訳で、今日はちょっと日本語を書きたい気分なので、日本語で書いてみる。
前の日曜日にLeidenで開催されている所謂有志の研究会みたいな会で、主に日本人のResearcherの人たちに向けてSyriaのProjectと自分が考えている事などをつなげてプレゼンした。
留学して何度かプレゼンをしてきたけど、これが最後のプレゼンテーション。
しかし、チームでやったプロジェクトを自分の言葉でプレゼンしようとするとこれがとても難しいと言うことに気がついてしまった。
というかプロジェクトの一部を全然理解できていないことが質問をされることで明らかになった。
(ってか建築外の人の為に作ったプレゼンをキレキレの建築家の前で発表すること自体に無理があると思うのだけど。完全に彼に潰されたね。素人に混じってプロ中のプロの建築家が素人のふりして質問するというあの立場は最上級にずるいと思うけど。という負け惜しみ。)

色々と要因があると思うのだけど、何だか上手くいかなかったので、その原因を考えてみようと思う。
自分で考えつく問題をとりあえず列挙してみよう。
・他の分野と違って建築のプロジェクトの場合、Political correctnessを主張しづらいので簡単に突っ込まれる。
・自分の中でのプレゼンの位置づけが不明瞭(主張なのか、それとも紹介なのか)
・英語で考えてみたものを日本語で説明するのが意外に難しい。
・建築的な意思疎通ができないと思うと言葉遣いに苦労してどもる。
・来る質問が予想していたものと全然違い焦る。
・キレキレの建築家の登場で誰をターゲットにして説明しようとすれば良いのか分からないので、話が宙に浮く。
・予想以上に質問が多く、明らかに時間のマネジメントが出来なくなり説明が舌足らずになる。

と自分の完走の他にも、もう書ききれないくらい叱咤される。
1学期にも満たない期間しかやってないと少し言い訳をしつつ、しかし、研究者の方は特に忙しくされている中で、わざわざ時間を取ってあれだけダメ出しをしてくれるというのも本当に僕の為を思っている証拠としか言いようがないので、今後の糧にできるように反芻しよう。

あんまり読み過ぎると、また鬱になるけど。

でも、自分の考えを(上手くいかなかったけど)整理しようと頭を働かせて、それに対して色々なフィードバックをもらったのは本当に良い機会だった。
中々、交換留学じゃ出来ないものね。
この場を与えてくた人、話を聞きに来てくれた人には本当に感謝です。
by machine1984 | 2008-11-11 21:15 | 妄想
Day trips
Recently, I am often visiting famous cities in Belgium, such as Brussels, Ghent, Brugge and so on.

Especially Brugge was nice.
It was simply nice to see.

Brugge
e0126140_10351461.jpg

e0126140_10361225.jpg

e0126140_10401279.jpg

e0126140_10362857.jpg

e0126140_10364011.jpg

It is simply good if you can see the beautiful sceneries.
It is simply better if you can see the beautiful sceneries together.
It is simply best if you can see the beautiful sceneries together with silence.

I am a little bit too romantic because of beautiful Brugge.....
by machine1984 | 2008-11-11 10:48 | 妄想
Journey Plan
Recently I am also planning the schedule of my trip with preparing for the presentation and helping editing.

The places which I would like to visit are as follows,
1, Glasgow, Edinbrugh
2, Prague, Vienna, (Budapest)
3, London
Because I have a Czech friend in Prague and a Scottish friend in Glasgow, I want to meet them.
Also they are difficult to visit from Japan.
Then London is where I just want to visit. Maybe all of you can imagine.

I will make three one-week trips.
Because I cannot concentrate on the trip for more than one-week, I think.
It is getting colder and colder, and I am not used to traveling alone. It would need more energy than previous trip to scandinavia.
It is quite lonely to travel alone.....
Moreover, I have somethings which I want to do and have to do (like architectural tour) in NL.

Probably I will visit
1, Edhinbrugh, Glasgow from 16,17th to 21st of Nov
2, Prague, Vienna,(Budapest) from 23rd,24th to 28,29th of Nov
3, London from 7,8th to 12, 13th of Dec

But there are still some uncertainties.....
Especially it is still not sure if we can visit Villa Tugendhat in Bruno in Czech.
Anyway, I have to book the tickets and the accommodations as soon as possible!!
by machine1984 | 2008-11-06 09:16 | 日常
Sujective Memo
Because the coming presentation will be held in Japanese, I will try to write diaries related to this subject in English.
And, I will keep on writing my diaries in English at least for a while as long as the issue is possible for me to handle.

The reason why I will have a presentation this Sunday is that I was just a good target….
After coming the Netherlands, I have kept on trying to participate in every event to which I was invited.
Here in the Netherlands, there are not many Japanese people, therefore sometimes I can meet those who are difficult to meet if I were in Japan.
In the end, some Japanese (mainly noble ladies) who call themselves as “around 40” often take care of me.
I might be pretty for them or impudent in a good way because of my freshness, but, in the moment, I also have to take some responsibilities.
One is this presentation, the other is architectural tour in Amsterdam which will be in the beginning of December.
It is quite natural, though sometimes troublesome.

But, as I wrote before, it would be a good opportunity to organize my mind.
Let's see a good aspect of the fact!!

Although it is also a difficult point, but I can and should work on it quite subjectively, because this is “my” presentation.
Moreover, there is only 30 minutes for me to have a presentation.
I have to choose what I should present.

Originally, I had the curiosity toward “how to use the city” or “how to recognize the city”.
For instance, the most crucial issue of my diploma project is “how to recognize the city” and I keep on mentioning my curiosity how to use the city in my blog.

This is one of the main reasons why I chose Aleppo project in the latter half of my study period in Delft, because I thought that the project where we collaborate with Berlage Instutite should give me some insights about “How to recognize the city”.
For me, this is much more important than learning how to draw details or whatever in terms of study abroad. First of all, I can directly learn the way of thinking.
Also, it is good to know different way of thinking because I want to work mainly in Tokyo in the future although I did not decide what I will be.
At least, I have to pass the exam....

Anyway, the above contents would be the main axis of my presentation on Sunday.
I already made a introduction part.
Then, I have to re-organize and re-consider Aleppo Project.

munya, munya, munya.......
by machine1984 | 2008-11-04 03:49 | 日常
Do not give so many shits!!
e0126140_1444973.jpg

When something is not going well, I get wanted to write something.

Because I cannot think or write complicated things in English, sometimes I have to struggle with myself, for this is totally my fault.
Probably people consider me as the person who is less intelligent person than I expect, and actually this is true because I cannot fully understand what is going on.

I could also say that I did not succeed almost anything this year.
What I experienced is absolutely good, what I contemplate is relatively good, but actually what I achieved is not good at all.
For instance, practically I did not get good marks in TU, or I did not get any award this year.
Even there is no tiny success.

Nevertheless, sometimes thinking in English or writing in English is good for me, because I can only do these in a simple way.
And, I believe that “Simple is strong”
Simplicity makes me clear.
Simplicity is easy to convey, etc.

Japanese language is kind of complicated, therefore sometimes I try to avoid risks which are actually necessary or try to hide my own opinion.
In that sense, English is good, I would say.

But, when things become complicated the simplicity should be the result from lots of contemplation.In that sense, again thinking in English is not good at all, because I have to switch the language.
I am trying not to change these days, but still there is a long way to go.

This kind of depressing feeling becomes strong when something is not going well.
And I cannot help getting fed up with myself.

However, depressing too much does not enrich myself.

Do not give so many shits!
DO NOT GIVE SO MANY SHITS!!

We need empty space in ourselves to be kind to others.
Even if things are not going well as I hoped, definitely it is better to try to find out good aspects of the facts!!
If I did not have good English, I would try to improve it, or I would show my thought by action or result.
This will enrich me!!

During coming week, I have to make a presentation for Siebolt-kai which will be next Sunday and the last presentation in my study period in the Netherlands.
And this is good opportunity for me to reconsider my curiosity.
Actually I have to explain Aleppo Project, but I can explain by my own way.

Let's start preparation!!
by machine1984 | 2008-11-03 01:24 | 妄想



渡辺典文 / Norifumi Watanabe The University of Tokyo Graduate School of Engineer Architectural Department Master Course
by machine1984
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30