WBSの遙か先
ちょうどワールド・ビジネス・サテライトで今日、中古住宅の普及についての特集をやっていた。
住宅履歴情報の保存などが中古住宅普及に関しての重要なキーになる。
みたいなことをキャスターが言っていたけれども、研究段階から実現段階に至るまでにはやはり随分と時間がかかるものなのだなぁと実感している。

さて、ワールド・ビジネス・サテライトでは住宅履歴情報の保存がこれからの住宅の価値を決定する重要なファクターになると語られていましたが、実際には
超長期を考えたときに一つの住宅の関係者は多種多様に上るので、そういった多種多様な利害関係者がデータを相互に認識、書換が可能なようにデータを構造化すること、そして、専門知識を持たない一般の居住者に対してどのような形でサービスを提供することが必要になると思います。

というかなり、時代の先を行っている発言をしていますが、そんな先の時代の研究も実際にはもうかなり進んでいるんですね。

なぜなら、僕がちょうど週末締めでそれに関連する論文を提出したからです!
このまま提出すれば、修士論文で行けるんじゃないだろうかなどと思いつつ、秋卒業ではないので修論ではないです。
修論はもっと凄いの書きます。

というわけで、まだまだ先の話ではありますが、今日スケジュールがいつの間にか決まっているのを発見したので、告知しておきます。

7月31日11時頃より、建築会館ホールにて
「第25回 建築生産シンポジウム」でプレゼンします。
タイトルは「住宅履歴情報の構造化と管理手法に関する研究」です。

僕も勉強すること山積みですが・・・。
[PR]
# by machine1984 | 2009-06-23 02:37 | 建築
ブランド
最近、訳あって、中々Blogを更新できていないのですが、現在やっていることに関連して、僕が面白いと思ったことを書こうと思います。
ここでいう
「ケンチク」とは「ハコ」としての構造物のことで、
「建築」とは「コト」と「ハコ」がマッチした構造物及びそこに巻き起こる出来事のことを指します。

ここに記したのは、とあるメールに勢い余って綴ってしまった思いの丈を改訂したものです。

_____________________

1,ブランドを作る
良い「ケンチク」を作っただけでは世界は変わりません。
良い「建築」にはブランドが必要だと思います。

ブランドとはプラダのようなファッションブランドだけが持ちうるものではなく、資本主義の中に存在するあらゆる企業、法人、NPO(も?)に当てはまると思います。
例えば、最近ではユニクロもしっかりとブランド化されているし、老舗の旅館などは目立たないけれども、しっかりとしたブランドがあると思います。
Competitorが無数にいる世の中で50年後も相も変わらず存在し続ける為には消費されない質実剛健なブランドが必要ではないかと思います。
50年後にも凜としてあり続ける為にはプロジェクト全体を貫けるブランドを作ることが重要なのではないでしょうか。


2,コトを作れる建築家

高度に分業化された現代社会の中で建築家に求められるものは「キレイなモノ」「美しい箱」を作ることだけという場面が多々あると思います。
大規模になればなるほど、それは顕著だと思います。

しかし、僕が思う「あるべき建築家像」は「その場所で起こるプログラムや行為」から介入していける存在ではないかと思うのです。
それは単純にその方は人の生活に深く関われる(すなわち建築的)と思うからです。

自分の親を見ていても思いますが、実は、良いプロジェクトをしたいのだけれども、何が一番良い解答なのか分からないという事業者は沢山いると思います。
そういった場所に「何をどうするのか?」から関われる建築家像こそ、本質だと思うのです。

面白い箱を作るだけの建築家は時代と共に消費されます。

最近では一般の雑誌にも建築が特集されるようになりましたが、これに関しては僕はかなり危惧していて、面白いのは形だけというモノも多々あるように見えて仕方ありません。
つまりは「建築もついに消費の対象になった」ということなのですが、これは長年建ち続けることが宿命づけられている建築においては、とても残酷に思えてしまうのです。
(もちろん良い建築と思えるものも沢山あります。)

その場所で起こりうる行為、その場所の経験を根本からデザインできるという意味で「コトを作れる建築家」を目指したいと思うのです。
僕のような立ち位置は、隙間建築家なのではないかと自分でも思わなくもないですが(建築家と言うと怒られるほどかもしれませんが)そこには大事なエッセンスが沢山詰まっているとも思います。

時代はサステイナブルだと思いますが、
これは空気環境や熱環境的に優れた「ケンチク」を作ることを目標とすることではなく、
そこに関わる人々の生活を豊かにし続けるという意味での持続可能性であって欲しいと思います。
(もちろん、数値的に優れた建築を作ることはとても重要なので、悪しからず)
_____________________

ストック社会において質の高い建築空間を創造していくためには、建築家は「何をつくるのか」を定義するプロセスに関与していくべきであると考えられます。それは単なる技術的プロセスだけではありません。利害関係者とのコミュニケーションをしていく社会的なプロセスでもあり、あるいは、それらの利害関係者の誰が経済行為としてどのように関与するのかを決定づける経済的なプロセスでもあります。これら技術的・社会的・経済的プロセスの重なりは、新たな制度設計やその運用設計にまで発展することもあり得ます。このことについて、私は危機感をもっています。といいますのは、たとえばPFIという新たな建築調達制度の運用において、「何をつくるのか」というプロセスのデザインやプロセスそのものへの建築家の関与はきわめて限定的で、その結果、PFIで調達される公共建物の質が向上するどころか、劣化しているようにすら見えるからです。

知識経済の進展・深化によって場所と「こと(Event/Activity)」との固定的関係が流動化し始めている中で、建築家は単なる空間装置としてのハコをデザインするだけでなく、建築や都市で展開される「こと(Event/Activity)」をデザインすることが求められています。

新建築2004年5月号 いま建築家は何をデザインするのか -「ハコ」から「コト」へ-



この実現に向けて、少しずつ僕も成長してます。(たぶん)
[PR]
# by machine1984 | 2009-06-23 01:40 | 妄想
永福町のシェアハウス Before After
先週末に完成した永福町のシェアハウスのBefore Afterです。
最後の写真のような賑わいの場面が作りたかったものなのだと分かりました。
幸せです。

Before
e0126140_1365654.jpg

e0126140_137338.jpg

e0126140_1371050.jpg

e0126140_142384.jpg

After
e0126140_137254.jpg

e0126140_1373514.jpg

e0126140_1374629.jpg

e0126140_138885.jpg

e0126140_1381758.jpg

e0126140_1382554.jpg

e0126140_1412546.jpg

e0126140_1384294.jpg

[PR]
# by machine1984 | 2009-05-29 01:43 | 建築
告知:オープンハウス
この度、僕らが立ち上げました 株式会社 テーラード・デザイン研究所 の第一作目となる永福町のシェアハウスが完成いたしました。

一般的なリフォームの予算から考えると、かなりのローコストではありましたが、シェアハウスという特性から、人々が集まり、互いに刺激をしあいながら生活していく為の空間を用意できたのではないかと思います。

今週の日曜日にオープンハウスを行いますので、もしお時間がございましたら、ご意見・ご批評などを頂けましたら幸いです。

どうぞ宜しくお願いします。

e0126140_2165244.jpg

e0126140_159711.jpg

e0126140_201624.jpg


タイトル 永福町のシェアハウス
主要用途 シェアハウス
企画  有限会社 Come on Up
設計者 テーラード・デザイン研究所 担当/渡辺典文 澤秀俊
施工  有限会社 月造
面積  延床面積 約130㎡
[PR]
# by machine1984 | 2009-05-23 01:59 | 建築
欲しいものが欲しいをどう実現するか。
最近の妄想。

日本で生活する僕たちの周りはモノで溢れかえっている。
にも関わらず、本当に気に入って使っているモノってほとんどない。

自分でデザインをやるようになってからは身の回りのプロダクトとか、洋服とかは吟味することも多くなったので、満足して使っているモノと値段の割に品質がよいと割り切って使うモノとかなり意識的になったのだが、それ以前に所有し始めたモノに関しては、何でこんなにださいんだろうとか、使いづらいんだろうとか思うモノばかりである。

本当に欲しいものは中々手に入らない。

多くの人はそう何度も住宅を買い換えることはないと思うのだけれども、今の家に満足して暮らしている人って本当に少ないと思う。

それって図面情報があったから中古物件としての価値が上がるとか、修繕履歴を管理してくれるから住みやすいとか、そういった事以前の問題だと思う。

日本人がもっと格好いい暮らしができるようになれば、文化レベルも上がると思う。
ヨーロッパの旧市街の家を大事に使って住むというライフスタイルや、北欧の異常に洗練されたインテリアに囲まれてのライフスタイルはやはりかっこよくてあこがれる。

仕事もお金もなくて、新しいことが何も出来ないのは悲しいけど、単に仕事に追われて生きるとか、平均よりちょっと高い給料で小金を稼いで喜んでいるとか、そういったのもださい。

格好いいと思える生活することが大事。
(評価基準が全て主観過ぎますが…)

必ずしも高ければ良い家って訳ではないし、建築家の建てる家が高いという訳でもない。
(他に担保にできるものがないとローンの組み方の問題はあると思うけど。)

しかし、建築家と呼ばれる人が設計した家に住んでいる人なんて人口の1%くらいしかいないんじゃないかと思う。少なくとも東京の北の方に住む自分の家の周りに建築家が設計したと思われる住宅は片手で数えられるくらいしか見受けられない。
いずれにしてもニッチだけど、1%から3%になるだけでも大変な事態だと思う。

この1%から3%というのは大きな違いで、1%というのはピラミッドの頂点に位置する人々という意味で、3%ならば中の上くらいのユーザーでも選択肢に入ってくると思う。

そんな大変な事態を引き起こせないだろうかと思う。

成熟社会ではユーザーの文化レベルもかなり高く、質の高い住宅への欲求は上がって然るべきだと思うが、今は一般のユーザーと建築家を結びつける手段が中々ない。

ふと思い浮かんだのは、建築家とユーザーのマッチングサービスのようなモノがあっても良いのではないかと言うこと。

建築の趣味は女の子の趣味のようなモノと常々思うけれども、ということは住宅を購入するということは結婚のようなモノ。ということはこのマッチングサービスは結婚相談所のようなモノ。
一度、結婚してしまうと中々別れられなくて、あんまり強引に別れようとすると慰謝料(ローン)にその後の生活を圧迫されることになる。

しかし、恋愛と違って、色々な相手を試せるわけでもない。

だからお見合いサービスのようなものがあったら、意外と機能するかもと思ったり。

きちんとマッチングされていれば訳の分からない建築家に結婚詐欺のように、「作品」を作られることも少なくなると思うし、建築家の方もわがままな施主に総工費を切り詰められて、設計の余地がなくなる…。なんてことも少なくなる。

まさにお見合いサービス。

しかし、女の子も、建築家の設計行為もシステム化できるとは思わない。
でも、女の子の趣味を言葉で表してみたり、芸能人で例えてみたり、してみるように、住宅に関わる様々な要望を出来る限りシステム化してみれば、「建築家風サービス」は可能かもしれない。

その上で、実際の建築家を紹介して、紹介料を幾らか頂戴する。
建築家には過去のプロジェクトをプロフィールとして登録して貰う。
ユーザーはぐるなびのように検索してみる。

今は成熟した産業は提供する「経験」を新たなにする時代にあると思う。
俗っぽく書きすぎてしまったけど、こんなサービスがあったらユーザーと建築家との幸福な関係を築けると共に、建築家の活動の範囲を広げることが出来るのではないかと思う。
[PR]
# by machine1984 | 2009-05-13 01:49 | 妄想
虚弱体質。
5月の前半はひたすら体調が悪い。
異常に体調が悪い。
帰国してから、ひたすら張り詰めていた状態が少し弛緩した瞬間に一気に疲れが溢れだしたような感覚。
昔から休みになると体調を崩す。
うーん、損な体質だ。

4月末には1年半ぶりくらいにコンペに応募してみた。

そして、もうすぐリフォームも完成します。
しかし、お金なさ過ぎるので自分でペンキ塗りしてバイト代稼がなければなりません。

この体調不良はまさに5月病なのではないかと感じたので、ちょっと気を引き締めて行かねばなりません!
[PR]
# by machine1984 | 2009-05-13 00:42 | 日常



渡辺典文 / Norifumi Watanabe The University of Tokyo Graduate School of Engineer Architectural Department Master Course
by machine1984
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31